読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元サイゼリヤ店員選ぶオススメメニューランキング2017

 

サイゼのオススメのメニューって何?!実は美味しいメニューってどれ?

そんなサイゼリヤ大好き人間、通称サイゼリアン達の疑問を解決するべくオススメメニューランキングを各種類ごとまとめてみた。

 

あ、挨拶が遅れました。ども。遊んでる時、みんなで写真撮りたいけどなんて切り出せばいいかわからない系男子、gonisiです。

 

僕は4年間サイゼリヤに勤めていた。

 

バイトだけどねwwwww

 

そう、所詮バイト。

だけどこれでも真面目働いて、お客さんと仲良くなって結構顔を覚えてもらったりなんかしたりしていた。

 

ホールが主だったしね。

 

だからお客さんの反応、元店員だからこそ知ってる事、食べ方、そして主観を交えてランキングにしたから見てってやー。

 

※ランチメニュー、季節限定メニューは除外して、グランドメニューでのランキングになっています。

 

 

 

 全メニュー部門

1位 野菜ソースのハンバーグ  

f:id:gonisi:20170216224535j:plain

 499円 / 577kcal

 

サイゼに来たら食べて是非欲しい。

野菜ソースは玉ねぎ、にんにく、ネギがオリーブオイルで和えてあり、ほんのりした甘みと辛みがハンバーグの美味しさを更に引き立て、濃厚な味わいにしてくれる。

ちなみに店長から聞いた話だが野菜ソースを開発してからサイゼの業績はうなぎ登りになったらしい。

そんくらい野菜ソースはうまい。

野菜ソースがあるかどうかでハンバーグの味がまったく違う。

 

gonisiメモ!

メニューには書いてないが、野菜ソースはプラス100円でトッピングできるのでミックスグリルにトッピングなんかしたりするのもオススメ。

 

2位 ミラノ風ドリア

f:id:gonisi:20170305145445j:plainhttp://warabiyamiwa.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-491f.html

299円 / 460kcal

 

サイゼリヤの代名詞、コスパがなにより素晴らしい。

コンビニより安い299円でドリアが食べれるのはサイゼだけだろう。

ほぼ毎日安定して売り上げを上げていたことからもその絶大な人気がうかがえる。

 

gonisiメモ!

ほうれん草のソテーを上に乗っけて食べるお客さんも居た。僕も真似して食べてみたが、美味しかった。味に飽きてきたら試してみるといい。

 

3位 野菜ときのこのピザ

f:id:gonisi:20170305171402j:plain

399円 / 594kcal

 

サイゼ以外で食べれれないピザだし、僕の中ではサイゼのピザでダントツで美味しいと思うから本当にオススメしたい。

きのこ嫌いの僕だが、このピザは大好物だ。

やはり野菜ソースが優秀である。

 

gonisiメモ!

 チーズ好きはプラス99円でピザチーズ2倍がオススメ。「ダブルチーズで」って言えばやってくれる

 

サラダ部門

1位 小エビのサラダ

f:id:gonisi:20170305170700j:plain

http://macaro-ni.jp/37767

349円 / 147kcal

 

絶えることのない人気で安定の1位。

サイゼの看板を背負っているメニューの一つだ。

サイゼリヤドレッシングのかかったエビを食べるために頼んでいると言っても過言ではない。

また野菜のシャキシャキ感、みずみずしさが美味しく感じる要素となっている。

 

gonisiメモ!

昔っからサラダ人気No.1。サラダで迷ったらこれ。

 

2位 シェフサラダ(サイゼリヤドレッシング) 

f:id:gonisi:20170322210116j:plain

 299円 / 187kcal

 

先輩に教えてもらった食べ方。

サイゼリアドレッシングにする事で粉チーズとの化学変化が生まれる。

なんか、こう、まろやか?コク?みたいな感じがする。

これは本当にシェフサラダか?と思うくらい化ける。

サイゼリヤドレッシング最強。

 

gonisiメモ!

ドレッシングの追加が欲しい人は、店員さんに頼むと持ってきてくれるよ。

 

3位 半熟卵とポークのサラダ 

f:id:gonisi:20170305162333j:plain

http://blogs.yahoo.co.jp/paradisetani/64360076.html

599円 / 507kcal

 

意外にも肉とサイゼリヤドレッシングが噛み合う。

ドレッシングがサラダの量に対して足りなくなる事案が発生しがちなので、ドレッシングを多めにしよう。

もしくは別でドレッシング自体を持ってきてもらうようにオーダーするのがオススメ。

 

gonisiメモ!

フォッカチオに肉、卵、野菜を挟んでサンドイッチ風に食べるのもまた一興。

 

スープ部門

1位 コーンクリームスープ 

f:id:gonisi:20170305162321j:plain

http://blogs.yahoo.co.jp/paradisetani/64360076.html

149円 / 142kcal

 

季節限定でないスープがこれしかなかったため、不戦勝優勝で1位に。

つぶつぶコーンなどの具が入っていないシンプルなコーンスープ。

ただ安いし出てくるのが早い。

 

gonisiメモ!

パンと食べる時は、浸しやすいプチフォッカがオススメ。

 

パン部門

1位 プチフォッカ 

f:id:gonisi:20170305162309j:plain

http://blogs.yahoo.co.jp/foodshiro/38146085.html

139円 / 214kcal

 

フォッカチオと形が違うだけじゃね?そんな意見からか、フォッカチオに人気を取られがちな哀れなプチフォッカ。

だがナメてはいけない。

確かにほぼ一緒だし、量も一緒なのに値段もプチフォッカの方がやや高い。

フォッカチオを選ぶ気持ちも分かる。

では、どこが違うのか?良いのか?それは食感である。

フォッカチオはモチモチ感が強いが、プチフォッカはパリっと感とふわっと感が同時に楽しめる。

パリふわなのだ。

 

gonisiメモ!

オススメの食べ方はドリアやグラタン料理のホワイトソースにつけて食べる。

 

2位 ガーリックトースト

f:id:gonisi:20170301203209j:plain

189円 / 255kcal

 

一度サイゼリヤ界から姿を消したものの、まさかの復活。

ガーリックソースがよく染み込んでいてウマイ。

ただ前回のガーリックトーストは半分切りが4つで今のより食べやすく、アゴも疲れなかった。

Gonisiは顎関節症の気味のため、これを食べる度アゴがガッコンガッコン鳴る。

 

gonisiメモ!

ワインのおつまみとしても活躍。

 

3位 ミニフィセル

f:id:gonisi:20170322210527j:plain

169円 / 188kcal

 

外はパリっと中はもちっとの食感がウリ。

パンに浸したり、ドリアのホワイトソースにつけたりして食べるのもアリだが、オリーブオイルに付けてヘルシーに食す方法もお忘れなきよう。

 

gonisiメモ!

オリーブ独特の風味が好きな人にオススメ。もこみちと僕はオリーブ派。

 

おつまみ部門

1位 ほうれん草のソテー

f:id:gonisi:20170305170221j:plain

http://otokono-toushitsuseigen.com/archives/3020

199円 / 121kcal

 

サイゼのほうれん草料理に外れはないと、僕はいつも言っている。

ほうれん草がふにゃんふにゃんで、柔らかい。

それ故に味付けがしっかりと染み込んでいる。

たまにチワッスと言わんばかりに顔を覗かせてくるパンチェッタが程よくしょっぱく、ほうれん草をさらに際立たせる。

 

gonisiメモ!

値段が199円と他の料理と組み合わせやすく、サラダよりお手頃価格で野菜が摂取できる

 

2位 プロシュート

f:id:gonisi:20170305162241j:plain

http://blogs.yahoo.co.jp/foodshiro/38146085.html

399円 / 162kcal

 

たっけぇ。でもたっけぇだけある。味は保証する。

ちなみに一緒についてくるプチフォッカに巻いて食べるとお肉の柔らかさの後にプチフォッカ独特の食感通称パリふわが舞い込んできて気持ちいい歯応えだ。

プロシュートのしょっぱさもプチフォッカが後に引かないよう優しく包み込む。

西洋版肉巻きおにぎりと言ったところか。

 

gonisiメモ!

西洋版肉巻きおにぎり食いがオススメ。

 

3位 エスカルゴのオーブン焼き

f:id:gonisi:20170305162229j:plain

http://lonestar.hatenablog.com/entry/saize-nomi

399円 / 159kcal

 

好き嫌いが極端に分かれる為3位に。

但し、ハマった時の爆発力は凄い。

僕も最初は「うわ、なんかばっちぃ!!」と思い食わず嫌いをしていたが、この大人の味をしってしまったらもう戻れない。

食感は魚貝類のようなコリコリとした食感で実に歯ごたえが良く、濃厚なガーリックソースがしっかり染みている。

まだ食わず嫌いしているキッズ達には是非食べてもらいたいものだねボンジョルノ。

ちなみに最近ではブルジョア小学生がたまに頼んでいたりする。

 

gonisiメモ!

セットプチフォッカで残ったガーリックソースにつけて食べると、余すとこなく堪能できる。つーかこの食べ方するために注文してる。

 

パスタ部門

1位 ペペロンチーノ

f:id:gonisi:20170305162214j:plain

http://rank.hatenablog.jp/entry/saizeriya

299円 / 527kcal

 

パスタ人気トップクラスの猛者。安い、早い、うまい。これに尽きる。

パスタ299円って他に無くね?しかも普通においちい。

あとペペロンチーノは出てくるスピードがやたら早い。マックかよって思う時がある。

但し出てくるスピードは店の混み具合、他に頼んだ料理、何名で来ているかなどによって変化するから気をつけて。

一人で来て、急いでるって時はペペロンチーノはかなりオススメ。

 

gonisiメモ!

辛さを求める刺激大好き野郎はテーブルに置いてある唐辛子フレークをかけまくれ!!ヒーハー!!!!仕入れの値段は地味に高いらしいので無駄にかけるのはご遠慮ください。 

 

2位 タラコソースシシリー風

f:id:gonisi:20170305171225j:plain

http://www.ipopam.com/tag/%e3%82%bf%e3%83%a9%e3%82%b3%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e9%a2%a8

399円 / 618kcal

 

3位はカルボナーラとにするか凄い迷った。

味はどちらも同じくらいの完成度だと思ったが、値段面で今回はタラコちゃんに軍配が上がった。

 

gonisiメモ!

半熟卵をトッピングするとよりマイルドになり、よりうまし。

 

3位 青豆のクリームスパゲッティ

f:id:gonisi:20170321201601j:plain

499円 / 796kcal

 

ほうれん草のクリームスパゲッティが無くなり代打となって出てきたホワイトソースのパスタ。個人的にはほうれん草のクリームスパゲッティのほうが美味しかったがこちらも申し分なくウマイ。一見グリーンピースに見えるこの豆だが、ベビーピーという品種で甘い。大のグリーンピース嫌いのgonisiも一粒残らず食べ切れた。グリーンピース嫌いのそこの君も食べてみようぜ。

 

gonisiメモ!

 半熟卵トッピングがおすすめ。ベビーピーと絡まって美味しい。

 

 

ドリア・グラタン部門

1位 ミラノ風ドリア

f:id:gonisi:20170305145445j:plain

299円 / 460kcal

 

やっぱりこれは外せないよね。300円でこんなちゃんしたドリアが食える店は他にはない。

ミラノ風ドリアのオススメの食べ方はテイクアウトで食べる事だ。

お店の陶器だとスプーンでガリッといってしまった時の気持ち悪さがあり、なにより鉄の味がする気がする。

テイクアウトの容器は紙で出来ていて、スプーンもプラスチックで鉄の味がしない。ミラノ風ドリア本来の味が楽しめる。

まさにフルパワードドリアさんである。

 

gonisiメモ!

 セットプチフォッカ付きミラノ風ドリアは、セット料金で安くなっているかのように見えるが、それぞれ単品で注文した時と値段は変わらない。罠である。

 

2位 ほうれん草のグラタン

f:id:gonisi:20170322210718j:plain

399円 / 463kcal

 

サイゼのほうれん草料理にハズレなし。

ホワイトソースがしなしなほうれん草によく染みて柔らかな口当たりだ。

たまに顔を覗かせるパンチェッタの塩気が程良いアクセントとなっている。

初期はほうれん草のオーブン焼きとして販売されていた。

シンプルにほうれん草とホワイトソース、チーズ、胡椒といった具合に調理されていたが、いつからかパンチェッタが追加され、ついにはペンネマカロニも追加されグラタンへと昇華した。正直初期の方が値段は安く、シンプルで好きだった。

 

gonisiメモ!

 パン類をホワイトソースにつけて食べるのがオススメ。

 

3位 エビとイカのドリア

f:id:gonisi:20170305162134j:plain

http://minkara.carview.co.jp/userid/1891865/blog/36393280/

499円 / 502kcal

 

シーフードグラタンとの違いと言えば、ホワイトソースの下に敷いてあるのが、ペンネマカロニかターメリックライス(黄色いご飯)かの違いだ。

僕は断然エビとイカのドリアをオススメする。

ミラノ風ドリアを食べた事のある人は分かるだろうが、ターメリックライスにホワイトソースが染み込んで美味いからだ。

更にペンネマカロニよりボリュームがある点でもオススメできる。

 

gonisiメモ!

 あまり重たい物を食べたくない時や、女性には比較的サラッと食べやすいシーフードグラタンをオススメする。カロリーも40カロリー程グラタンのほうが低い。

 

ピザ部門

1位 野菜ときのこのピザ

f:id:gonisi:20170305171402j:plain

http://kitaism.com/saizeriya

399円 / 594kcal

 

野菜のソースが乗っているものは大抵うまい。

てか野菜ソースが反則的にうまい。

個人的にはあまりきのこが好きではないのだが、このピザにのっているきのこだけは美味しく食べれる。

むしろきのこが無いと困るくらいだ。

他のピザに比べてしょっぱさが強くなく甘みも感じられるので飽きにくい。

 

gonisiメモ!

 チーズ好きはプラス99円でピザチーズ2倍がオススメ。「ダブルチーズで」って言えばやってくれる。

 

2位 マルゲリータ

f:id:gonisi:20170305162055j:plain

http://butabelog.blog.jp/archives/1051092139.html

399円 / 549kcal

 

おそらく誰もが好き嫌いなく食べれる安定感から2位に。

これが食べれないやつは、そもそもピザ食えないだろ。

やはりスタンダードなピザだけにピザの中では1番売れていた。

 

gonisiメモ!

チーズ好きはプラス99円でピザチーズ2倍がオススメ。「ダブルチーズで」って言えばやってくれる。

 

3位 パンチェッタのピザ

f:id:gonisi:20170305162043j:plain

http://www.ipopam.com/tag/%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%81%a8%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%bf%e3%81%ae%e3%83%94%e3%82%b6

399円 / 598kcal

 

個人的にボリューム感では全ピザトップ。但しその肉々しさ、パンチェッタのしょっぱさから飽きやすくもある諸刃の剣。

 

gonisiメモ!

 チーズ好きはプラス99円でピザチーズ2倍がオススメ。「ダブルチーズで」って言えばやってくれる。

 

米料理部門

1位 地中海ピラフのオーブン焼き

f:id:gonisi:20170305160222j:plain

http://diampreon.weebly.com/blog/category/saizeriya%2012469124521247612522125163a80ce6537

499円 / 410kcal

 

実はうまいんだぜ、これ。

4つで399円のムール貝が2つも入ってる上に、エビ、イカとなかなか豪華な具材でお得。

 

gonisiメモ!

 もともとオリーブオイルが入っているが、オリーブ好きはもっとかけよう。え?オリーブオイルがどこにあるかだって?店内の調味料コーナーがあるから自分でとってこい。

 

2位 ハヤシ&ターメリックライス

f:id:gonisi:20170305162017j:plain

http://that.blog40.fc2.com/blog-entry-1489.html

499円 / 645kcal

 

なかなかの完成度。

正直個人的にサイゼのメニューの中で中間レベルだが、ボリュームの割に安く、比較的早く提供してくれるのでそこの評価は高い。

但し、出来立てはめちゃめちゃ熱いので注意してほしい。

僕はこれを運んでる時、皿が熱過ぎて指を火傷したことがある。

お皿を受け取る時は注意してくれ。

 

gonisiメモ!

 ボリュームの割に比較的早く出来るため忙しいサラーリマンのお昼などには最適。※提供スピードは店の混み具合、他に頼んだ料理、何名で来ているかなどによって変化します。

 

3位 エビと野菜のトマトクリームリゾット

f:id:gonisi:20170305160536j:plain

http://www.kiyos-factory.com/post-date/2015/07

399円 / 303kcal

 

カロリー控えめのためか女性からのオーダーが多く、特にマダムから支持を得ている。

逆に男でこれを注文している人はほぼ見たことがない。

 

gonisiメモ!

 さらさらと食べやすく軽いにで女性にオススメ。男性には少し物足りないボリュームなので他の料理と組み合わせよう。

 

肉料理部門

1位 野菜ソースのハンバーグ

f:id:gonisi:20170216224535j:plain

499円 / 577kcal

 

野菜ソースを最大に活かしているのがこの野菜ソースのハンバーグ。

ハンバーグに野菜ソースが乗っかってるだけやんけ。

そう言われたらその通りである。が、しかし、but、乗ってるか乗ってないかで天と地ほどの違いがある。

野菜ソースのほんのりした甘み、ピリッとした辛みがハンバーグの美味しさを引き出してくれる。

 

gonisiメモ!

基本的どの料理にもプラス100円で野菜ソースがトッピングできるので、野菜ソース好きは、さらに野菜ソースをトッピングしよう。

 

2位 ミックスグリ

f:id:gonisi:20170305171638j:plain

http://tmtown.net/index.php/rdj/22385/

599円 / 803kcal

 

ボリューム満点。トリプルミートのコスパの化け物。

少し古い話になるがパンチェッタ(豚肉の塩漬け)は川越シェフが塩漬けと塩抜きが絶妙と絶賛した。

あと、油めっちゃ跳ねとるから気ぃつけや。

 

gonisiメモ!肉のボリュームが多いから、きっとライスが足りなくなるはず。ライス大盛りじゃーー!!

 

3位 焼肉とハンバーグの盛り合わせ

f:id:gonisi:20170305161924j:plain

http://syokujirock.tumblr.com/post/91356218062/%E7%84%BC%E8%82%89%E3%81%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%81%AE%E7%9B%9B%E3%82%8A%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B-%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%AA%E3%83%A4%E9%8A%80%E5%BA%A7%E8%A5%BF3%E4%B8%81%E7%9B%AE

599円 / 693kcal

 

焼肉とハンバーグが両方食べれるって大分贅沢じゃない?!しかも焼肉、食欲がそそられる不思議な匂いを放っている笑

正直形容しがたい匂いで、申し訳ないが僕もなんと言っていいかわからない。

でも僕が店員として運んでいる時は何度ヨダレがでそうになったか…。

そんくらいええ匂いする。

 

gonisiメモ!

野菜ソーストッピングで、焼肉と野菜ソースのハンバーグの盛り合わせになる。

 

デザート部門

1位 ミルクアイスのせシナモンフォッカチオ

f:id:gonisi:20170305161910j:plain

http://www.ryuichi.to/takeda2014/index.html

319円 / 348kcal

 

ミルクジェラートとシナモンフォッカチオの相性抜群。ちなみに一説によるとよゐこの濱口が番組で紹介したおすすめの食べ方を商品化したようだ。これは店長に確認とる前に店員辞めてたわ。すまんの。

 

gonisiメモ!

 溶け出したミルクジェラートがシナモンに浸ってきた頃合いに食べると美味い。甘ったるい後味を最後にフォッカチオがしっかり閉じ込めてくれる。

 

2位 プリンとセミフレッドの盛り合わせ(ティラミス)

f:id:gonisi:20170301203214j:plain

399円 / 347kcal

 

人気デザート2つをまとめてお得なセットに。

同時に食べることのメリットは値段だけではない。

プリンのカラメルをティラミスに付けた時にこそ、この凶悪タッグの真価は発揮される。

甘さの相乗効果がほっぺをぶち落とす。甘党にオススメのデザート。

 

gonisiメモ!

 単品ずつの注文より50円程お得。罠ではない。

 

3位 アマレーナ

f:id:gonisi:20170321201333j:plain

199円 / 127kcal

 

 ダークチェリーのソースが甘酸っぱくもケーキ部分はしっかり甘く、酸味と甘みのバランスが程よく口の中で広がる。写真からは見えないが中にダークチェリーが入っていてアクセントとなっている。最下層の生地にもたっぷりダークチェリーが染み込んでいて隅々まで味わえるデザートになっている。

 

gonisiメモ!

  プリンとセミフレッドの盛り合わせでプリンと一緒に食べれられる。

 

まとめ

働いていた時から思っていたことだが、サイゼはできるだけ同じ具材を使いまわすことで、効率よく調理の簡略化、在庫管理、バリエーションアップに繋げていると感じていた。

 

故に一つ一つの具材はクセが少なく、汎用性が高いものばかりで様々な組み合わせが可能だ。

 

だから基本的にサイゼでは何かと何かを混ぜて食べることで不味くなることは少ないと思うし、値段的にもいろんな料理を組み合わせて食べて、1回の食事で安く様々な料理を味わうことができるのがサイゼの真髄なのではないかと僕は思う。

 

それと、僕がサイゼのメニューで美味しいと感じるものの共通点は、

 

・ほうれん草が使われているメニュー。

・野菜ソースが使われているメニュー。

サイゼリヤドレッシングが使われているメニュー。

 

の、3つだ。これらに当てはまるものはハズレがない。

ランキングを見ていた時点で気づいた人もいるかもしれないが、この3つに当てはまるメニューは僕は大好きだ。

 

まだサイゼに行ったことがない人も、ある人も、好き嫌いはあると思うが、もしメニューに迷ったら上記の3つと今回のランキングを参考にしてくれ。